1. 青春女子の超短パン+ノーブラキャミ
  2. 泌尿器科の診療で、若い看護女子に玉の周りにローション塗られた・・・
  3. 彼氏に「締まり良すぎ」って文句言われる

【中国メディア】日本刀は唐の時代の刀の技術をこっそりと盗んで発展させたものだ

海外
05 /05 2021
王騎の矛は?

1 名前:どこさ ★[] 投稿日:2021/05/02(日) 23:42:44.64 ID:Mf0a2Cg99.net
http://news.searchina.net/id/1698857?page=1
 日本刀は日本の伝統文化を代表するものの1つだが、中国メディアの快資訊はこのほど、日本刀は唐の時代の刀の技術をこっそりと盗んで発展させたものだと主張する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者によると、日本刀の技術は飛鳥時代に朝鮮半島で行われた「白村江の戦い」がきっかけで日本に伝わったと主張した。日本と百済の連合軍が唐と新羅の連合軍と戦ったこの戦争で日本側は敗北したが、この時唐の兵士が使用したのが「横刀」で、丈夫で切れ味のよい「横刀」が唐の勝利に大きく貢献したと伝えた。


※本文続きはソースで見てね。管理人

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1619966564/

158 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:14:17.29 ID:mC1dYCbd0.net
チャイナで一番古い刀剣ってなんなんだ?
焼き物には古いのあるんだろけど、実用レベルで保存されてる刀剣はせいぜい清朝時代?
日本は平安時代のも残ってるんだっけ?

178 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:16:37.31 ID:MzQ6Rer10.net [2/2]
>>158
中国の場合文化大革命で大リセットしちゃったからな

221 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 00:21:18.62 ID:1P2kKXtS0.net [3/5]
>>158
文字で残っている
たとえば「捜神記」の「眉間尺」
シナの古代の名刀は鋳物
名刀でも鋳物

245 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 00:24:43.61 ID:tiyZYNr90.net [1/10]
>>158
そういえば発掘品はともかく伝世品の中国の刀剣って
博物館とかでも見たことないし話自体を聞いたことが無いな

364 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:42:32.70 ID:899sn1/D0.net
>>158
史記に記載された宝剣が発掘されただろ。呉の夫搓だっけ?めちゃくちゃ綺麗だったぞ。

387 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:45:12.48 ID:FJuO46WU0.net [2/10]
>>158
そもそも実用レベルで使われた武器は殆ど残っていない

日本刀が残っているのは、戦国時代に使われた実用的な武器は槍
刀はあまりつ変わりなかったから残った。
一方槍は武器として使われ続けたから、ボロボロになって残っている物が少ない

428 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:52:35.42 ID:FJuO46WU0.net [3/10]
>>158
中国は春秋戦国時代の昔から、干将と莫邪によってく作られた天下の名刀があるだろ

今は残っていないけど伝説級の名刀


183 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 00:17:20.57 ID:T0KgGobd0.net
しかし、何きっかけで片刃にしたんだろ?
単純に考えて両刃の方が威力はあるって思うだろうに

202 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:19:12.10 ID:bfr6Xpyk0.net [2/17]
>>183
折れにくさを追求して片刃になったんじゃないかしらんけど
刃がついていないほうが衝撃を吸収するから

208 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 00:19:44.57 ID:Agpj7wSY0.net [2/27]
>>183
曲刀だからだよ
そこら辺の棒を両手で持って振ってみると分かるが、曲刀だと刃が滑ってざっくり斬れるわけよ
両手で持って振る、というやり方が広まったから、
一発の切れ味重視で片方に刃を入れ、もう片方は丈夫さ重視の厚手の作りになった

218 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 00:20:48.91 ID:R/l66LQH0.net [2/3]
>>183

>しかし、何きっかけで片刃にしたんだろ?

鎧が発達してない暑い地域は曲刀が普通
そもそも刀は主力じゃないしな

220 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:21:16.15 ID:QG8DcbEE0.net
>>183
折れにくいようにしならせたから、片刃になった

231 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:22:57.57 ID:I7+YTD2G0.net [2/2]
>>183
俺も適当に言うけどさ
両刃にすると単純に刃を作る手間が倍かかるし
細くなって強度も下がるし
切る時には両刃使わないし、突くにも片刃で良いし

刃こぼれした際に反転させて、「もう一回遊べるドン」って言うぐらいしか利点が無くない?


288 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 00:32:00.90 ID:+njTsWSU0.net [7/20]
西洋はなんで折り曲げて鍛錬するという製法を思いつかなかったんだろか
鉄の質がいいんで必要が無かったんかな

309 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:34:38.82 ID:bfr6Xpyk0.net [4/17]
>>288
手間がかかるし向こうは鉄の鎧が発展していたから
裂傷より打撃を伸ばしたかったんだろう、モーニングスターとかあるし

346 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:39:49.81 ID:D8/kuvwy0.net [5/8]
>>288
この前ヒストリーチャンネルで日本刀やってたけど、日本刀は砂鉄から作るけど鉄を溶かさないんだとさ
溶かさないで熱して泥かなんかつけて焼き、不純物だけを浮き上がらせて取り除くらしい
溶かすとダメになるんだって

それで熱して鍛造かな?叩いて伸ばして折りたたんで叩いて伸ばして
刃の部分にはまた違う鉄入れたりするのね
何でそんな方法思いついたのか不思議だわね

360 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:41:51.58 ID:VBZfZhJh0.net [3/6]
>>346
溶かすだけの熱量を生み出せなかったんじゃないか?
仕方なしに面倒な方法になったけどいいものできたからこれでいいや~的な

366 名前:ニューノーマルの名無しさん[age] 投稿日:2021/05/03(月) 00:42:37.84 ID:wF3GGgxN0.net [5/7]
>>346
簡単に言えば固い鉄を柔らかい鉄で
覆うような感じだな。
芯があるから折れづらい。

371 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:43:10.84 ID:U8SdC3PW0.net [1/3]
>>346
そりゃ複数の性質の鋼を組み合わせてるんだから完全に溶かしちゃったらダメになるでしょ

鉄の精錬時点ではドロドロに溶かしてるよ

382 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 00:44:02.30 ID:+njTsWSU0.net [9/20]
>>346
鉄の質が悪いから 必要は発明の母

384 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 00:44:32.82 ID:tiyZYNr90.net [3/10]
>>346
鉄を溶かさないんじゃなくて溶かせなかったんだよ
逆にそのおかげで鍛造する日本刀が出来たの

389 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:45:42.75 ID:Cr+D2ppu0.net [6/6]
>>346
刀鍛冶の仕事を、日本なら普通にテレビでも見られるものだが
独特な技法で、溶かさずに熱して叩いて重ねて不純物浮かせて、ミルフィーユのように多層構造にしてる

あれを中国や朝鮮の起源主張するのは、なかなか笑うしかないな

405 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:47:22.34 ID:vK3/XI/I0.net [3/5]
>>346
そもそも砂鉄自体、鉄の原料としては最悪のくず鉄
不純物のオンパレードで製錬必須だけど、たたら製鉄の温度では無理
折返し鍛錬で不純物をなんとか叩き出して作るしかなかった

414 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 00:49:29.68 ID:FGm+dMjf0.net [1/2]
>>346
直接製鉄法という
技術としてはこっちが先
原始的な方法よ


451 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 00:56:17.76 ID:ezJmhsU60.net
刀よりもなんで日本では「弩」が普及しなかったのか?という謎のほうがロマンある

468 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 00:58:23.97 ID:ikmidjm30.net [2/11]
>>451
それも誤解されてる、武士の台頭はでは普通に弩を使った部隊はいたんだよな。
ただ、弩は組織化された軍隊じゃないと維持が難しい武器なので個人主義な武士は長弓を好んだ。

471 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 00:58:48.26 ID:tiyZYNr90.net [6/10]
>>451
大軍が広い草原で対峙するような事が無かったからじゃない?

504 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 01:04:54.93 ID:wiKuPuCJ0.net [5/14]
>>451
メンテが微妙
それなら和弓連射したほうがええわ武芸者の自慢になるし
とかやってる間に鉄砲がキタ

600 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/05/03(月) 01:18:05.56 ID:NeKuzR2o0.net
>>451
弩は基本的に対騎兵用兵器だから日本では使う必要がなかった。
室町以前だと弓は騎兵が装備してたから弩を使う余地がない。

606 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/05/03(月) 01:19:22.21 ID:9cAMRbzT0.net
>>451
朝廷が実権握ってる時は弩でも良かった
でも武士の時代になるとデメリットばかり目立つようになる
武士は世界的にみても珍しい発展を遂げる
基本的に重装弓騎兵なのね
極めて射程の長く騎射に考慮された和弓と弓射に
対応した鎧兜とかね
盾も基本弓の邪魔になるからザクみたいな盾?に
なるし流鏑馬みても判るように連射も求められた

弩で馬上で連射って話になんない
弓や乗馬は訓練が必要だが武士は専門軍事集団で
訓練に明け暮れる事が出来た
所領からのアガリで
必然弩なんて廃れたのであったとさ
関連記事
  1. 飲んだ勢いで職場の女の子の家でヤッてしまい 土日はそのまま
  2. JK「先生!挨拶に先生の御家に行っていいですか?」その結果。。。
  3. カフェ店長だけど、JDならそうとうに抱ける
  4. 奥さんが湯上りの真っ裸で洗濯物を干していて、
  5. カップルで行為して固定カメラでタイムラプス動画を撮って、、、
  6. パートさんが胸元の緩いシャツを着ていた。見てはいけないと、思いつつ見てる。
  7. ベッドで白髪の男性と若い女子が 熱戦の絡み中
  8. タマ袋が痒いので、総合病院の皮膚科へ行ったら担当医が美人女医さん
  9. 家族ぐるみで仲良かった2つ歳上のお兄ちゃんに、会うたびに子供部屋で服全部脱がされて
おすすめ!

当店人気記事

おすすめ!

コメント

非公開コメント

No title

オリジナルを主張しだすとかやっぱり大朝鮮か?
更新情報その2